採用情報

社員紹介

郡司 優太
本社設計部 1課
2016年 入社
工学部 土木工学科 卒業

大学ではどのような事を学びましたか?

大学3年までは構造力学、水理学、測量学など土木分野の基礎を学びました。大学4年では構造系の研究室に配属され、FEM解析を用いて局部応力に関する研究を行いました。

職場の雰囲気はどうですか?

わからないことがあっても聞きやすい環境です。大学で学んだ知識だけでは仕事を達成できないため、すごく助かっています。

楽しく仕事ができそうと感じましたか?

設計ということでデスクワークのみと思っていましたが、実際に現場に行き点検をしたりと、 設計以外の業務もいろいろ携われるため面白いです。

どんな業務に関わってみたいですか?

私が土木業界に進もうと思ったきっかけが、某CMの『地図に残る仕事』という言葉からでした。 そこで地図に残るような長大橋の設計をしてみたいです。

今後はどのような技術者になりたいですか?

先ほどは長大橋の設計をしたいと書きましたが、日本の橋は老朽化が進んでいます。 これからは新設だけでなく、メンテナンスにも力を入れなければいけません。そこで新設の設計だけでなくメンテナンスの面でも力が発揮できるようなマルチな技術者を目指したいです。

社会人の一員となって感じたことはありますか?

自分のしたことに対して『責任』を持つようになりました。1つの設計ミスでも現場が動かなくなったりしてしまうので、学生のときでは感じていなかった『責任』という面を感じています。

山崎 将寛
本社設計部 2課
2017年 入社
理工学研究科 土木工学専攻 修了

大学ではどのような事を学びましたか?

学生時代の専攻は土木工学で、構造力学、都市計画、測量など幅広く基本知識を学びました。研究室では、主に土木のデザインについて研究していました。

職場の雰囲気はどうですか?

一人ひとりのスペースも広く、相談や質問などがしやすい穏やかな雰囲気です。長期休暇の時期以外でも有給休暇などの申請もしやすいと思います。

楽しく仕事ができそうと感じましたか?

業務に必要な知識など覚えることが多いため、勉強の日々です。仕事を楽しく行うまでの時間はまだ少しかかりそうです。

どんな業務に関わってみたいですか?

景観に配慮した橋梁設計の業務に関わってみたいです。

今後はどのような技術者になりたいですか?

現状、設計補助として勉強している段階ですので、現在の目標として「この橋は、自分が設計した!」と誇れる技術者になりたいです。

社会人の一員となって感じたことはありますか?

時間が有限であることを強く実感するようになりました。仕事も休日もメリハリをつけていく必要があると感じています。

青木 優馬
本社設計部 3課
2017年 入社
理工学部 海洋建築工学科 卒業

大学ではどのような事を学びましたか?

構造力学、流体力学、建築工学、海洋環境保全の基礎知識を学びました。計算工学研究室に所属し、構造物の渦励振について研究しました。

職場の雰囲気はどうですか?

和気藹々としてますが、仕事に対しては真面目に取り組んでおり、メリハリがしっかりしている職場です。

楽しく仕事ができそうと感じましたか?

設計業務に携わっていく中で知識が身に付いていき、問題点を解決したり、業務の全体像が見えてきたときにやりがいを感じたり、楽しく業務ができます。

どんな業務に関わってみたいですか?

私の部署は橋梁の下部工設計に携わっていますので、地元の橋梁の下部工設計に関わってみたいです。

今後はどのような技術者になりたいですか?

今後は経験を積んだ上で、あらゆることに対応できる技術者になりたいです。

社会人の一員となって感じたことはありますか?

責任感が芽生え、気持ちを引き締めて設計に取り組むようになりました。