会社概要

代表者ご挨拶

株式会社日本構造橋梁研究所は昭和37年7月に創立され、橋梁の設計を主な業務として発展して参りました。現在までに手がけた橋梁数は4000橋にものぼり、徹底した調査から、たゆまぬ研究と蓄積した学術的な知識をベースに自由でフレキシブルな発想により、次々と新しい課題をクリアして参りました。これがつまり、企業理念である「クリエイテック(Createch)地球にいい橋を」であります。その成果は40橋もの土木学会田中賞などで顕彰され、皆様の信頼を頂き、役職員の自信と進取の気象の源となっております。

国際化・高度情報化・少子高齢化の中、私たち建設コンサルタントの分野におきましてもパラダイムの転換が必要不可欠な時代となっております。この大きな変化に対応すべく、従来までの橋梁専門コンサルタントとしての豊富な経験と高い技術力を基礎に、次世代に良質な財産を残すための保全および防災分野の技術研鑽に努め、橋梁の一生を見守る良きパートナーとして、顧客の皆様の要求に100%応える企業を目指していく所存で業務に取り組んで参ります。

70歳以上が15%を超える急激な高齢化、温室効果ガスによる地球温暖化に起因した気候変動による災害等、安全性・使用性への要求と共に、環境負荷低減への要求等、社会資本整備に対するニーズは多様化しております。また、弊社の業務に関する顧客発注形態も、まさに大きく変化している状況にあります。このようなパラダイムの転換期にあって、社会に不可欠のサービスを行なうプロフェッショナルであるとの認識を役職員一人ひとりが持ち、高い技術者倫理と高度な専門知識・技術の研磨に励み、社会資本の整備と充実に努めて参ります。 「品質経営」を社是とし、顧客の要求を満足した成果品とサービスを提供することを念頭に入れ、法人としての役目を果たし、役職員とその家族を大切にし、改善と発展を続ける企業となるため、強固な経営基盤を築いていく考えです。

今後とも、関係者の皆様の一層のご支援とご指導ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 古川毅