業務内容

アセットマネジメント

日本構造橋梁研究所は、会社創立以来、橋の設計だけでなく数多くの点検・調査業務の実績があります。 橋の状態を的確に把握する「定期点検」を行い,その結果から予防保全型の管理を主体とする「中長期保全計画」のツールを提供します。 橋の点検結果を分析評価し、橋の健全度と寿命を診断した上で、最小のライフサイクルコストで資産価値が最大となるよう維持管理プログラムを作成いたします。 従来の対症療法型から、橋の管理水準に適した効率的・効果的な維持管理計画を支援します。

主な業務内容

  • 橋梁台帳整理
  • 点検・記録・保存
  • データベース作成
  • 詳細調査
  • モニタリング
  • 健全度評価と診断
  • 余寿命評価と劣化予測
  • 優先順位の選定
  • 中長期保全計画
  • 長寿命化修繕計画策定

データベース画面

健全度とLCC