業務内容

橋梁保全

近年、長い間使用されてきた古い橋を、そのまま安全に使用し続けることが望まれています。 橋の機能を維持・向上するために、床版補強や連続化、拡幅や改築等が必要であり、日本構造橋梁研究所はその設計を行っています。 実績から得た多くの補修・補強設計ノウハウを持ち、新しい橋は勿論のこと、長い間使用されてきた古い橋についても、長期間安全に使用できる技術を提供いたします。

主な業務内容

  • 橋梁現況調査・計測
  • 復元設計
  • 耐荷力照査(B活荷重、特殊車輌)
  • 補修・補強設計(橋梁上部・橋脚・基礎・落橋防止システム)
  • 修景設計
  • 施工計画
  • 測定(変状観測・ひずみ測定・診断のための測定等)
  • 試験(載荷試験・材料試験・非破壊試験等)
  • 補強効果の確認

下植野高架橋

全景

  • 改築前

  • 改築後

主桁と横梁の剛結化

  • 改築前

  • 改築後

横梁と鋼製橋脚の剛結化

  • 改築前

  • 改築後